新着情報TOP >  > ‘藍型(エーガタ)’とは…
‘藍型(エーガタ)’とは…

2018/03/29

どこの国でも、いずこの民族であれ、生活文化にとって衣料は重要な部分を占めます。

琉球紅型もそのひとつであり、尚王家の象徴として、沖縄唯一の染技法として、

「東洋の華布」との美称を受けるほどであります。この琉球紅型の染色技法の中に、

特別な呼ばれ方をし、藍色を主色とした技法が「藍型(エーガタ)」です。

 

紅型が沖縄の光り輝く昼の世界なら、「藍型」は群星瞬く夜の世界を表現しています。

また紅型が島の景色なら、「藍型」は島を囲む海の詩であります。岩に揺ぐ藻、磯を縫う魚の群、

多様な珊瑚、地上とは異なる景色が存在し、色調も独特な世界感があります。

 

多彩な色使いが一般的な紅型の染技を簡単に説明しますと、生地に型紙を置き、

糊で伏せて糊ののっていない部分に色を挿していく染色技法です。

対して「藍型」は藍濃淡で染上げる技法で、糊伏せした生地に藍の浸染で技法により、

藍型には独特な存在感が生まれます。沖縄を囲む海のごとく、華やかな藍色と、

海底のような静けさと強さを持ちます。染上げるまでにきわめて手間のかかる技法ですが、

手間のかかる技法でなくては見られない重圧さが「藍型」にはあります。

藍型は、型置きした生地を藍甕に浸し、浸染で藍色の発色を得ます。一定の色にしたのち

一度水元で糊を洗い流します。その後、部分的に糊伏せを施し、藍甕に浸し、干し場にさらし藍の発色を得ます。

何度かの浸染で目的とする濃度を得た後、また糊を落とし、さらに部分的な糊伏せを一度目とは違う所に行います。

そして再度、藍甕に浸します。この工程により、藍色の濃淡を作り出します。更にもう一度、糊を落とし、異なる部分を

糊伏せし、浸染することにより、数段階の藍色の濃淡を得ます。幾度も繰り返される糊伏せと藍の浸染染め。

この工程なしに「藍型」は生まれないのです。

 

藍染めは、「藍建て」と呼ばれる醗酵過程を経なければ染色できず、醗酵過程の良否が発色を左右します。

醗酵がうまくいかないとまったく染色できない年もあります。藍泥を溶くアルカリ液のペーパー管理、

醗酵菌を活性化させる為のブドウ糖、アルコールの加え方、量、そして温度管理。

藍華が立ち、染色可能になってからは違う形の困難さが待っています。藍染が日々できるよう維持管理

しなければなりません。「藍建て」後も毎日の攪拌が必要とされること、温度管理、藍液のペーパー維持、

等々、藍の状態を目・手・舌で感じなければならないのです。「藍型」はマニュアル化不可能な染技であり、

経験とカンに頼り、習得する為にはひたすら時間をかけるしか方法はないのです。

 

藍型の商品はこちらから!

戻る

-->