• 洗えるきものセット
  • 紅型特集
  • 和装小物スーパーセール
  • 綿きもの
  • 久米島紬
  • 花織
  • 琉球絣
  • 上布
  • 58ポイント
  • きものセット
  • 紅型帯レンタルサービス
  • 58円クリーニング
  • 西陣織名古屋帯,ご予約プレゼント
  • 11月ハートンホテル「赤札市」

最新更新情報

2017/10/19
きもの58サイトをリニューアル致しました。
2017/10/18
11月ハートンホテル「赤札市」の詳細を更新致しました。
2017/10/17
12月琉球展のお知らせを追加致しました。
2017/10/10
半期決算御礼セールにつき、紅型帯の商品を一部値下げ致しました!
2017/10/4
ハートンホテル心斎橋別館展示会「赤札市」の情報を更新しました!
2017/9/28
きもの58展示会開催決定!11月17日(金)〜20日(月)ハートンホテル心斎橋別館2階にて!※詳しい情報は随時更新していきます!!
2017/9/27
城間栄順 琉球紅型小紋追加しました!
2017/9/15
洗える着物20点セットの商品価格と内容を更新致しました。
2017/9/8
大好評につき、【きもの58スーパーセール】を延長させて頂きます!
2017/9/1
きもの58サイト内の一部不具合を修正致しました。
2017/8/27
綿着物 を一部更新しました。
2017/8/26
コーリン和装じめを入荷しました。
2017/8/25
【城間栄市】琉球紅型「パイプウニに小花」を入荷しました。
 

お知らせ

2017/05/17結城紬とは…
茨城県結城地方に産する結城紬は、大島紬・牛首紬と並ぶ「日本三大紬」のひとつであり、
着物を着る女性なら必ず聞いたことがあうと言われるほど有名な織物です。
別名「紬の王様」や「紬の最高峰」とも言われ、一般に高級な紬というイメージがあります。

結城紬の歴史
結城紬の歴史は古く、「日本最古の織物」といわれる神話時代の「あしぎぬ」に端を発するとされます。
古来農耕の盛んっであった結城地方は、桑の栽培にも適していた為、養蚕・織物が発達した。
鎌倉時代にはすでに諸国名産のひとつに数えられ、室町時代に入って、幕府に献じられる絹織物の中で、
結城家からのものが最も上質であったため、「結城紬」の名がついたとされます。
江戸時代初期には時の領主の手厚い庇護を受けて発展、信州上田(上田紬の産地)からも
職工を招いて技術改良をはかり、人気を博しました。
「和漢三才絵図」(江戸時代に編集された百貨辞典)の「紬」の項目には、
「全国諸国様々な紬があるが、上州いづる結城紬が最上、これに次ぐは信州の紬」と記されています。
当初は縞柄が多かったのが、近年は絣柄を中心に移行しています。
昭和28年に茨城県指定の無形文化財となり、昭和31年に国の重要無形文化財に指定されます。

重要無形文化財(以下:重文)指定の条件
現在日本で重文指定を受けている絹織物は、結城紬と久米島紬の2つだけです。
結城紬の内、重文に指定されるのは、以下の条件を全て満たして制作され、
厳しい検査に合格した「本結城」のみとなり、結城市で生産され、ラベルには「結」の文字が入る。
(1)手紡ぎ (2)手括り (3)地機(いざり機)による手織り
結城紬の特徴
結城紬最大の特徴は、「軽い」「暖かい」「丈夫」ということです。
その秘密は糸にあり、結城紬の糸は、真綿から人間の手で紡いだもので、
織り糸としては世界的に見ても珍しい、撚りのかかっていない糸であります。
この糸で織った生地は空気をたくさん含むのでとても軽く、空気の層ができるため暖かいのです。
丈夫で堅牢なのも、真綿で織る為で、糸同士が絡み合い摩擦に強いのです。
また、結城紬は洗う程に味が出るといわれています。
織るときに用いる小麦粉のノリは、湯のしをしてもすぐには取れないのです。
何年も着て、何度も洗い張りを繰り返す中で、あるときノリが完全に抜けて、
真綿糸の表面が毛羽立ってくると、これが水鳥の毛羽のように汚れを弾くようになります。
これが結城紬が強いと言われる所以であります。更に洗い続けていると、
今度は毛羽が完全に取れてシルク本来の姿に戻り、光沢が出てしなやかな風合いになります。
着れば着るほど肌になじみ、糸に艶が出て、軽くなるのが結城紬最大の魅力で、
「大島三大、結城末代」(結城紬は末代まで着られる)という言葉もあります。

アクセス : 65

大島紬とは…

お知らせ一覧
 

SNS

  • facebook
  • twitter