• 紅型特集
  • 和装小物スーパーセール
  • 綿きもの
  • 久米島紬
  • 花織
  • 琉球絣
  • 上布
 

8月売り出し情報「夏の還元祭」

8月売り出し情報「夏の還元祭」

今年も開催!祇園フェスタ2018

今年も開催!着物販売祇園フェスタ2018

きもの58 新着商品

本場琉球絣や琉球紅型をはじめ商品販売や非常にレアな紅型もあります!是非ご覧ください。

超お買い得?!ピックアップ商品,※超絶大特価につき、お1人様1種類のみお買い上げ頂けます。

超お買い得セール! きもの58だからできる”58円”サービス商品※超絶大特価につき、お1人様1種類のみお買い上げ頂けます。

店長一押し商品!沖縄着物の中でも人気の琉球染織物

  • 琉球紅型
  • 久米島紬琉球絣
  • 花織
  • 上布

▼沖縄着物の人気NO1『琉球紅型』
琉球着物は、14〜15世紀頃に始まったと言われており、また沖縄で生まれた唯一の染物です。 それは京友禅・加賀友禅・江戸小紋と並ぶ日本の代表的な染物です。 永い歴史と風土に培われた王朝文化のひとつであり、洗練された紅型の華麗さはその芸術性においても。 世界の人々から比類のない染物として重宝されています。

▼沖縄着物人気商品『久米島紬』
沖縄着物の代表格の1つ久米島紬は、沖縄県の久米島に伝承されている絹織物です。久米島では15世紀頃にはすでに養蚕が行われていたとみなされ、17世紀に琉球王府(現:沖縄県)への貢納布に定められて以来、御絵図に代表される絣のほか、縞、格子などの織物の製作技術が高度に発揮しました。現在の久米島紬の製作技術は、王府時代以来の伝統を保ち、養蚕、糸づくり、糸くくり絣、天然染料による染色、手織り等、手作業による古来の技法です。なかでも原材料と染色に大きな特色があり、すべて天然の材料が使用されており、かつ、そのほとんどが沖縄県久米島内産です。

▼沖縄着物人気商品『与那国花織』
沖縄県与那国島で作られる与那国花織は、経糸と緯糸が交わらない「両面浮き織」で、裏糸が出ないのが特徴です。小さな四角で構成された幾何学的なモチーフは「花」と呼ばれ、 表面には緯糸の花、裏面には経糸の花が浮いています。草木染の優しい色調と上品な光沢に洗練された雰囲気があり、薄手で軽い着心地も魅力です。

▼沖縄着物人気商品『上布』
きもの58では『八重山上布』『宮古上布』『喜如嘉の芭蕉布』を取り扱っております。

沖縄着物・着物関連の珍しい逸品物等も取り扱っております!

  • 全国袖
  • 訪問着
  • 名古屋帯
  • 袋帯

和装小物スーパーセール

  • 振袖用小物
  • 着付用小物
  • 草履・バッグ

沖縄着物のお取り寄せ・試着予約可能店舗(大阪・東京・神戸)

  • 店舗

    庵IORI 心斎橋南店

    大阪市中央区の地下鉄御堂筋線心斎橋駅から、徒歩5分で着く好立地の場所にあります。また、心斎橋筋商店街の中に数ある呉服販売店の中で、最大級の大きさを誇る店舗です!

    〒541-0059
    大阪府大阪市中央区博労町3-6-12
    営業時間 11:00〜19:00 不定休

  • 店舗

    庵IORI 三宮西店

    元町駅より徒歩3分、三宮駅より徒歩5分で着く好立地の場所にあります。また、看板には「きもの58」と「58ロゴ」が入っているので、非常にわかりやすい店舗となっております!

    〒650-0021
    兵庫県神戸市三宮三丁目6番11号
    営業時間 11:00〜19:00 不定休

よくあるご質問

  • 全て
  • 『きもの58』
    について
  • 買い物
  • 返品
  • お支払方法
  • お取り寄せ
Q1そもそも何故58なのか?
弊社は数ある着物ジャンルの中でも沖縄着物(琉球物)と呼ばれる着物や帯等を中心に取り扱っております。その中でも当サイト内では沖縄県唯一の染物、琉球紅型が非常に人気を博していますが、沖縄では首里織や芭蕉布、久米島紬、宮古上布等々、沖縄全土に渡って様々な織物が作られています。琉球染織物の全般を取り扱う当サイトとしては、沖縄全体を象徴できるものがイメージとして相応しいと考え、沖縄の北から南まで繋いでいる「国道58号線」をモチーフとすることに致しました。
沖縄県内では通称「ゴッパチ」と呼ばれている為、当サイトの正式名称も、きもの58(きものゴッパチ)となっております。また、当サイトで使用しているロゴデザインも国道58号線の標識をベースにし、紅型をイメージした色合いを合わせたデザインとなっております。
Q2沖縄着物の通販サイトきもの58のサービス
沖縄着物の着物・帯・長襦袢・和装小物等の通信販売を軸に、実店舗でのサービスや催事情報などを提供致します。
Q3商品の購入制限はありますか?
より多くのお客様に低価格で商品をお届けしたいというコンセプトで営業しておりますので、同一商品はお一人様1点〜最大3点までとさせて頂いております。商品名(若しくは商品詳細)に購入制限の内容を記載している商品もございますので、予めご了承下さい。
Q4ポイントはお買い物時に使えるの?
発行しているポイントは、精算時に1ポイント1円として利用して頂く事が出来ます。1回の購入時に利用できるのは最高10,000ポイントまでご利用頂けます。ただ今の期間はリニューアルオープン記念で無料会員登録頂いた方に、580ポイント進呈していますので、これを機会にポイント獲得して下さい。※きもの58サイト内のみで実施しているサービスになります。実店舗でポイント利用は出来ませんので、ご了承下さい。
Q5きもの58と実店舗で取り扱っている商品は一緒なの?
各店舗の独自で取り扱っている商品もございます。サイト掲載商品が実店舗にない場合がございますので、事前にご確認下さい。
Q6返品は出来ますか?
未使用かつ未開封のもので、商品到着後7日以内であれば、電話もしくはメールにてご連絡頂ければ対応致します。但し返品不可の商品は上記の状態でも対応出来ませんので、ご了承ください。
Q7どのような商品が返品出来ないのでしょうか?

お仕立て・加工を依頼された商品はいかなる場合も返品が出来かねます。
併せて下記の場合の商品も返品出来かねます。

  • ・お誂え仕立て済みの商品
  • ・湯のし・ガード加工等の加工済み商品
  • ・ブランドタグ、しつけ糸、品質表示のタグを外した商品
  • ・受け取られてから7日以上過ぎた商品
Q8支払い方法を教えて下さい。
クレジットカード・銀行振り込み・代金引換の中からお選び頂けます。
但し、お仕立てをする商品は、代金引換はお選び頂けません。
Q9店舗で購入する時のお支払いはどうすればいいの?
店舗でご購入頂く場合は、購入店舗にてお支払い下さい。
Q10サイトに載っていない商品を要望としてお取り寄せする事も出来ますか?
弊社で対応出来る着物ジャンルであれば出来る限り対応させて頂きます。
お取り寄せをご希望の場合は、フリーダイヤル0120-236-788もしくは58@kimono58.comにご連絡下さい。
Q11沖縄着物など全ての商品が最短翌日にお取り寄せ出来るの?
和装小物・洗える着物・きものセット等一部サービス対応外の商品もございます。
また、商品の在庫確認時に、実店舗にて完売している場合もございますので、
その際は類似商品をご案内させて頂きますので、予めご了承下さい。
Q1そもそも何故58なのか?
弊社は数ある着物ジャンルの中でも沖縄県の着物(琉球物)と呼ばれる着物や帯等を中心に取り扱っております。その中でも当サイト内では沖縄県唯一の染物、琉球紅型が非常に人気を博していますが、沖縄では首里織や芭蕉布、久米島紬、宮古上布等々、沖縄全土に渡って様々な織物が作られています。琉球染織物の全般を取り扱う当サイトとしては、沖縄全体を象徴できるものがイメージとして相応しいと考え、沖縄の北から南まで繋いでいる「国道58号線」をモチーフとすることに致しました。
沖縄県内では通称「ゴッパチ」と呼ばれている為、当サイトの正式名称も、きもの58(きものゴッパチ)となっております。また、当サイトで使用しているロゴデザインも国道58号線の標識をベースにし、紅型をイメージした色合いを合わせたデザインとなっております。
Q2沖縄着物の通販サイトきもの58のサービス
着物・帯・長襦袢・和装小物等の通信販売を軸に、実店舗でのサービスや催事情報などを提供致します。
Q1商品の購入制限はありますか?
きもの58は、より多くのお客様に低価格で商品をお届けしたいというコンセプトで営業しておりますので、同一商品はお一人様1点〜最大3点までとさせて頂いております。商品名(若しくは商品詳細)に購入制限の内容を記載している商品もございますので、予めご了承下さい。
Q2ポイントはお買い物時に使えるの?
きもの58で発行しているポイントは、精算時に1ポイント1円として利用して頂く事が出来ます。1回の購入時に利用できるのは最高10,000ポイントまでご利用頂けます。ただ今の期間はリニューアルオープン記念で無料会員登録頂いた方に、580ポイント進呈していますので、これを機会にポイント獲得して下さい。※きもの58サイト内のみで実施しているサービスになります。実店舗でポイント利用は出来ませんので、ご了承下さい。
Q3きもの58サイトと実店舗で取り扱っている商品は一緒なの?
各店舗の独自で取り扱っている商品もございます。サイト掲載商品が実店舗にない場合がございますので、事前にご確認下さい。
Q1返品は出来ますか?
未使用かつ未開封のもので、商品到着後7日以内であれば、電話もしくはメールにてご連絡頂ければ対応致します。但し返品不可の商品は上記の状態でも対応出来ませんので、ご了承ください。
Q2どのような商品が返品出来ないのでしょうか?

お仕立て・加工を依頼された商品はいかなる場合も返品が出来かねます。
併せて下記の場合の商品も返品出来かねます。

  • ・お誂え仕立て済みの商品
  • ・湯のし・ガード加工等の加工済み商品
  • ・ブランドタグ、しつけ糸、品質表示のタグを外した商品
  • ・受け取られてから7日以上過ぎた商品
Q1支払い方法を教えて下さい。
クレジットカード・銀行振り込み・代金引換の中からお選び頂けます。
但し、お仕立てをする商品は、代金引換はお選び頂けません。
Q2店舗で購入する時のお支払いはどうすればいいの?
店舗でご購入頂く場合は、購入店舗にてお支払い下さい。
Q1サイトに載っていない商品を要望としてお取り寄せする事も出来ますか?
弊社で対応出来る着物ジャンルであれば出来る限り対応させて頂きます。
お取り寄せをご希望の場合は、フリーダイヤル0120-236-788もしくは58@kimono58.comにご連絡下さい。
Q2全ての商品が最短翌日にお取り寄せ出来るの?
和装小物・洗える着物・きものセット等一部サービス対応外の商品もございます。
また、商品の在庫確認時に、実店舗にて完売している場合もございますので、
その際は類似商品をご案内させて頂きますので、予めご了承下さい。

新着レビュー

  • 店舗でコーディネートのレッスンがしたいです。
    小物の数が多ければうれしいです。

    9月14日 心斎橋庵店にてH.O様

  • 良い着物を安くしてください。

    9月14日 心斎橋庵店にてM.M様

  • おしゃれなカゴバックとかケープやショールなど冬物の小物など揃えてほしいです。
    また、サイズが大きいので、LLサイズの履物とかトータルコーディネートで商品を合わせてほしいです。

    9月15日 心斎橋庵店にてN.N様

  • 帯揚げ・帯締めの安売り
    先日あった足袋のセミオーダー、着物を着て観劇や便利グッズの紹介、長尺の紐を取りそろえて!

    9月16日 心斎橋庵店にてK.U様

  • いろいろ良い物を見せてもらいました。
    毎回楽しみにしています。

    9月18日 心斎橋庵店にてT.Y様

沖縄着物染織資料

着物業界初「沖縄着物の大人気商品“琉球紅型帯”レンタルサービス」について

大進ホンダ株式会社が運営する沖縄着物の専門通販サイト「きもの58」は、着物業界初の試みとして、参考上代398,000円以上の“琉球紅型帯”を月額5,800円(税別)からレンタルが出来る「琉球紅型帯レンタルサービス」を開始しました。

沖縄きものを中心に、呉服販売を行ってきた沖縄きもの専門として成長した会社です。琉球紅型に関しては約30年前から取り扱いを開始し、多くのお客様に提供してきた歴史があります。昨年では着物の需要は減少傾向にあります。その中でも琉球紅型は高級着物に分類され、お客様にとって手の届きにくい染物です。数十万、中には数百万円の商品もあり、購入を希望していてもなかなか手にとっていただけない現状です。この度、お客様のご要望を叶える為、また、誰でもお手軽に琉球紅型を手にとっていただきたいという思いから、「琉球紅型帯レンタルサービス」を始めます。

希少な沖縄唯一の染め技法「琉球紅型」の帯を、憧れの帯としてではなく、もっと身近に結べる帯として、また、既にお持ちの方でも色や柄・素材違いの物を体験していただけます。着物というジャンルを超えて工芸品としての「琉球紅型」、普段着として着物を着られる方は、紅型帯をコーディネートの一つとして試すことができるサービスです。

琉球紅型レンタル帯のご利用についてはこちらから

沖縄着物の定番『琉球紅型(りゅうきゅうびんがた)』とは

琉球紅型は、14〜15世紀頃に始まったと言われる沖縄県唯一の染め物で、京友禅・加賀友禅・江戸小紋と並ぶ、日本の代表的な染物です。その語源については、赤系染材の「弁柄」とする説もありましたが、現在では「紅(ビン)」は赤色という意味ではなく色そのものの総称として、「型」は型染のことではなく、模様を指すとして考えられています。紅型は、糊を媒体として染める染物で、型紙を使って糊防染した後、模様を染める「型染」と、糊袋に入った糊で模様の線を描き防染し、模様を染める「筒描き」と呼ばれる二つの技法があります。色指しは「紅入り(ビンイリ)」あるいは「色指し(イルジャン)」と呼ばれ、色配り(イクルベー)、二度差し、隈取り、地染めの四つの段階を踏まえて行われます。色差しに使われる材料には、植物染料と顔料があります。植物染料は主に、琉球藍と黄色の染料である福木が使われます。これらの染料、顔料を混ぜ合わせ、無数の色が作り出されます。紅型を生業とする人々は紺屋(コーヤ・クーヤ)と呼ばれ、王都首里に集中していました。沢岻、知念、城間の三家は開業の歴史も古く、昔ながらの技術を伝承していました。図案は一部、貝摺奉行所の絵師が描く場合もあったようですが、図案から型彫り、染めて仕上げるまでの作業は、一つの紺屋の仕事でした。また、紅型の作業のほとんどは、男性の仕事であり、女性が本格的に参加したのは、第二次世界大戦後となりました。日本国で唯一地上戦が行われた沖縄の戦後は、焦土と化していました。あらゆる物が焼き尽くされた中で、城間栄喜を中心に紅型の復興活動が始まりました。1973年、祖国復帰の翌年、城間栄喜を代表とする「沖縄伝統びんがた保持会」が件指定の無形文化財となり、その技術保持者として城間栄喜・知念績弘・屋宜元六・大城貞成が認定されます。

沖縄の着物『琉球紅型』についてはこちらから

SNS

  • twitter
  • 大進衣装Twitter