トップ > 着物 > 振袖 > 【京友禅】本振袖

【京友禅】本振袖 【京友禅】本振袖 【京友禅】本振袖 【京友禅】本振袖
【京友禅】本振袖 【京友禅】本振袖 【京友禅】本振袖 【京友禅】本振袖

【京友禅】本振袖

価格 : 27,000円(税抜き25,000円)
数量
 
  • SOLD OUT
  • LINEで試着予約
  • 5,400円以上のお買い上げで送料無料
  • お気に入り登録
  • お問い合わせ
  • 商品について呟く

商品詳細

※販売価格はご相談下さい。
 

素材 絹100%
着用シーズン
合わせる帯 袋帯
 

友禅染は、染めの着物に模様をつけるための代表的な技法のひとつで京都で作られる「京友禅」、金沢で作られる「加賀友禅」、東京で作られる「東京友禅」の3つが有名です。
この中で、最初に生まれたのが京友禅となります。
京友禅が生まれたのは、江戸元禄時代といわれています。
それまでは絞り染めに刺繍や箔を施したものが主流でしたがその技法が華やかすぎるという事から、幕府から奢侈(しゃし)禁止令が出され、そんな時に誕生したのが友禅染になります。
初めて友禅染を行ったのは、祇園の扇面絵師「宮崎友禅斎」。
糸目糊(友禅糊)を使って白い生地に模様を描き、染めだす技法を創案したと言われています。
こちらはいわゆる「手描き友禅」といわれるもので、明治になると、型紙を使って模様を染める「型友禅」も開発されました。

この商品についてのレビュー

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません

SNS

  • twitter
  • 大進衣装Twitter