トップ > 着物 > 全国紬 > 久留米絣・手作り 極細古代絣

久留米絣・手作り 極細古代絣 久留米絣・手作り 極細古代絣
久留米絣・手作り 極細古代絣 久留米絣・手作り 極細古代絣

久留米絣・手作り 極細古代絣

価格 : 378,000円(税抜き350,000円)
数量
 
  • カートに入れる
  • LINEで試着予約
  • 5,400円以上のお買い上げで送料無料
  • お気に入り登録
  • お問い合わせ
  • 商品について呟く

商品詳細

※販売価格はご相談下さい。
 

素材 絹 100%
工房 久留米絣協同組合
着用シーズン 単衣・袷
合わせる帯 袋帯・名古屋帯・半巾帯
 

久留米絣の発祥は、福岡県南部の筑後地方一帯で製造。括りくくりとよばれる技法であらかじめ染め分けた糸(絣糸)を用いて製織し。伊予絣、備後絣とともに日本三大絣の一つと言われる。技法は1957年に国の重要無形文化財に指定され、1976年には経済産業大臣指定伝統工芸品に指定。
歴史上、江戸時代の後期に、井上伝という当時12歳の少女が創始したとされ、久留米藩が産業として奨励しピーク時は年間200〜300万反を生産した、戦後は洋装化により絣の需要が激減する。 日本の小説家、太宰治は久留米絣を用いた着物を好んで着ていたともいわれています。 綿糸で固くくって藍染を十数回と繰返し,堅牢に仕上げる。この技術は幕末の頃,井上伝 (1788〜1869) によって考案されたといわれています。

この商品についてのレビュー

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません

SNS

  • twitter
  • 大進衣装Twitter